読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

捨てるに捨てられない書類を、心置きなく捨てる方法

 部屋が片付かなくなる原因の一つに物が増えてくるといのがあると思います。生活していたら意外と物がどんどん溜まってきます。これに対する対処法は、必要ないと思ったらバッサバッサと捨てて行くことに尽きると思います。


 そんな時に、捨てるに捨てられなくて困る物があります。主に書類。具体的に言えば、申込書の控え、名刺、年賀状。使用頻度は少ない物の、必要になることが出てくるかもといった類いの物です。
 契約書の類いであれば、いざという時に必要になるので保管しておく必要があります。それに対して、申込書の控えは微妙な位置づけ。例えばプロバイダの申込書なんて、普段必要になることはまずありません。あるとすれば、解約するときに必要かもといったレベル。いつ来るか解らないものを保持し続けるのは大変です。またその時が来たとしても、すぐ探せるように整理できている人は中々いないでしょう。また、名刺の扱いも中々難儀なものです。こちらは、申込書の控えに比べて使用頻度は上がりますが、別に本体を保存しておく必然性は低いです。大切なのは、中身の情報ですから。最後に年賀状。心情的には、これが一番捨てにくいです。年に一度の往来でも、たまに見返すと心温まるのも事実です。


 最近、そんな書類を心置きなく捨てられるように、全部スキャナに取り込んで画像にして保管するように切り替えました。思いのほか便利です。取り込んでファイル名さえ適切に付けておけば、後で検索するのも簡単です。ちゃんと内容を後で見返すことが出来るので、捨てる時に迷う必要もなくなりました。(まだ、年賀状は残っていたりしますが。。。)名刺については、本格的な名刺管理ソフトを導入してもよいかなとは思います。今の所、そこまで真面目に管理するほど量は多くないので、スキャンするだけで充分です。
 他に検討している対象は、電化製品のマニュアル類。最初に設定したら必要になることは少ないですよね。最初から電子マニュアルあだけ出してくれたらいいんですけど。。。


 何はともあれ、もし良かったら一度お試しあれ。
ただし、データのバックアップ体制だけは充分検討しておいて下さいね。


「捨てる!」技術 (宝島社新書)
辰巳 渚
宝島社
売り上げランキング: 76665