読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

2015年の注目技術

 2015年の技術的な展望というか、どの辺りを注力するかのメモです。もっと簡単に言うと、やりたいことです。

 インフラ面で言うと、2014年はクラウドやChefの台頭でもやもやしてたのが、Immutable Infrastructureという概念で方向性がはっきりしてきたと思います。それに加えて、Dockerあたりがブレイクスルーだったのではないでしょうか。
 では、2015年は何か?最近、IoTなどよく聞きますが、本質的には2000年くらいからずっと進んできた、何でもインターネットにつながる世界が低コストで実現できる状態になっているのだと思います。
 そうなるとインフラのあり方も、また少し変わってくると思います。従来はクラウドだAWSだといっても、オンプレの延長で移行していたケースが多かったと思います。それがよりクラウドネイティブな作り方に変わってくるのではないでしょうか。具体的に言うと、EC2のインスタンスを立ち上げてゴニョゴニョするというやり方はコスト的にもスピード的のも見合わないというような状況になると思います。
 その辺りを考えると、注目の技術はAWSで言うとLambdaやDynamoDB・S3のように、フルマネージドのコンピュート・リソースになります。またそれらのリソースをクライアント側から直接扱う為の認証・認可の仕組みです。CognitoであったりIAM Roleの使い方ですね。その辺りのアーキテクチャを見てると、モバイル関係が先行しているしヒントになることが多いです。
 インフラのあり方が根本的に変わる、その動き始めの年になりそうな予感です。今年は、もう一度モバイルを切り口に、じっくり今後のアーキテクチャを考えてみようかと思っています。ということで、Cognitoで遊びだしています。