読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

最初の一歩は、GTDでやると良いですよ。 続やる気の出し方

Moleskine GTD Hack 3


 何気なく書いたやる気の出し方のエントリーが、思わぬ反響を頂きました。その中で、ブコメやTwitterで多く頂いている反応が、解っちゃいるけど最初の一歩を踏み出せないという点です。そりゃそうですね。


 あのエントリーは、仕事向けではなく休日に個人プロジェクトをいかに推進するかを想定して書いていました。別のやらなくて良いので、やる気をどうだすかという話です。一方で、日常の仕事であれば、やらないといけないのは確実なので別の方法でこなすのがよいのではないでしょうか?
 私は日常の仕事は、モチベーションとかやる気とか関係ないレベルでやっています。やらなければいけない順番に淡々と終わらせるという感じです。具体的には、Google Calendarのようなもので時間が決まっている打ち合わせや商談を先に書きだしていきます。それに対するタスクを洗い出して、タスクリストに載せていきます。そして期限の早いものから順番に消化していくという形ですね。いわゆるGetting Things Done(GTD)です。それぞれのタスクの期限が見えて、刻々と迫っているのが解るので、やる気とか関係ないレベルで出来ます。開発のタスクについても、GTDに落としこむと進めやすいです。
 GTDの為のツールは何でもよいです。付箋でも良いですし、Google Calendarを使うのもよし、スマホのアプリも使うのも良いと思います。個人のスタイルにあったものを使うのが良いでしょう。ポイントとしては、余り複雑な仕組みではなく単純な仕組みで充分だと思います。複雑化は、使い込んで物足りなくなったらで充分だと思います。


 まぁ自分のやり方を見つけるのが一番だと思うので、良いと思う方法を実践して身につけてください。 enjoy!!


See Also:
5分くらいで出来るやる気の出し方