読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Web系エンジニアの必読書。SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術
今まで読んだSEO本の中で最良の一冊でした。


 はじめに断っておきますが、私はSEOを謳う会社は好きではありません。もちろん今のWebの仕組みを考えると、検索エンジンに出てこないサイトは存在しないのとほぼ同義なので、必要なのは解っています。ただ「簡単手軽にGoogleで○位保証」とかの広告をみると、何も知らない人たちが騙されているようで気の毒になります。また何千もの所有するサイトからリンクを貼って、ランクをあげますとか。それに一体なんの意味があるんでしょうか。SEOスパムと認定される危険もありますし、そんな人為的にあげられたサイトで継続的にエンドユーザーが来続けるか疑問です。
 私はSEOには、二つのことが必須だと考えています。クローラーや検索エンジンのことを考えたサイト構造。そして、不断の努力で良質のコンテンツを提供し続けること。本書は、前者の部分の手法を徹底的に伝えています。よくよく考えたら今までのSEO本はマーケッターが書いたであろう本が多く、技術者による技術者の為のSEO本は少なかったように思います。全てのWEB系のエンジニアはこの本を読んで、お客さんにちゃんと伝えましょう。我々に出来ることSEO対策はここまでです。後はお客さん自身で良いコンテンツを作っていきましょうと。

目次 :
第1章 SEOと検索エンジン
第2章 検索エンジンの技術的な仕組み
第3章 SEOサイクルとクローラビリティー
第4章 キーワード
第5章 アンサー度
第6章 HTMLの最適化
第7章 アクセスログとインデックス状況の分析
第8章 アクセス解析の導入
第9章 検索エンジンスパム
第10章 検索エンジンの制御
第11章 データベースモデリング
第12章 サイト移行
第13章 モバイルSEO
付録 Fiddler2のインストール

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術
安川 洋 伊藤 大典
インプレスジャパン
売り上げランキング: 2012
おすすめ度の平均: 5.0
5 クリティカルで「失敗しないSEO」
5 SEOを強化する技術を詳しく書いた本