読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

中小のレンタルビデオ屋は、淘汰されるなと思ったたった一つの理由

 この前、久々に近所のレンタルビデオ屋に行きました。独立系でチェーン店もない小さなレンタルビデオ屋です。何本かDVDを選んで借りようとしたら、何やら会員証の有効期限が切れていたようで更新料なるものを請求されました。何も考えずに払いましたが、そもそもレンタルビデオ屋の更新料って何なんでしょう?
 今、様々なネットサービスでは会員を確保しようと新規入会の人には様々な特典を付けて勧誘しています。入会金が必要なサービスなんてほとんどありません。百歩譲ってレンタルビデオ屋の場合、新規入会の場合は借りて返さなかった場合の保証料という名目で取るのは解らないでもないです。でもそうしたら更新料って何で必要なんでしょうか?ちゃんと借りて返してという実績を積んでいる優良ユーザーです。
 昔からの慣習でそうなっているんですけど、レンタルビデオ屋はもう少しユーザの方を向いて商売して欲しいですね。私は個人経営のレンタルビデオ屋って割と好きなんです。店主の趣味が色濃く反映されている店ってのは面白いと思います。でもこのままだと、オンラインサービスか、全国どこでもTSUTAYAしかないという事態になると思います。ロングテール商品なので、ゆくゆくはオンラインサービスでデータ配信されるようになった時にレンタルビデオ屋の命運は尽きると思いますが、それはそれで寂しいと思うのでもう少し頑張って欲しいなぁと思います。


併せて読みたい
レンタルビデオ屋で、まとめ借りが安いたった1つの理由