読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

updatedbよもやま話

技術メモ

 職場や自宅サーバ、ローカル開発機、Amazon EC2の仮想環境と色々使っているとプラットフォームがmac,gentoo,centOS,fedora coreと色々別れてきます。入れているアプリケーションは、Apache,mysql,java,railsと共通なので特に問題はありません。ただし、アプリは基本的にソースからコンパイルではなくて、yumやportなどの管理ツールから入れるようにしているので、一つだけ問題があります。設定ファイルがどこにあるか、すぐに忘れてしまうということです。
 そんなときは基本的にlocateで探すのですが、問題はlocateのデータベースのアップデートの仕方。最近のcent系だとupdatedbだし、古いものだとlocate -u。macだとsudo /usr/libexec/locate.updatedb。エイリアスにしておくか、スケジューリングしておけばよいのですが、頻度が少ないのでよく忘れます。環境ハックしないとなぁ。。。

alias updatedb='sudo /usr/libexec/locate.updatedb'