読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

iPhoneのボタンが効かなくなったら、Assistive Touchという話

iPhone

 以前、iPhoneのスリープボタンが効かなくなったので、非公開APIを使って即ロックアプリを作ったよというエントリーを書きました。そしたら、即効でAssistive Touchを使うと良いよというアドバイスを頂きました。それ以来、ずっと使い続けています。純正の機能ながら、知名度はかなり低いので共有しておきます。

Assistive Touchとは



 Assistive Touchとは、何でしょう?iPhoneの設定画面の所に下記のような説明があります。所謂ユニバーサルアクセスの為の機能のようです。

 Assistive Touch機能により、画面をタッチすることが困難な場合や支援アクセサリが必要な場合にもiPhoneを使用できるようになります。

Assistive Touchを設定する



設定 -> 一般 -> アクセシビリティ -> AssistiveTouchをオンにすると使えます。

Assistive Touchの使い方



 AssistiveTouchをオンにすると、画面上に丸いボタンが浮かび上がります。それを押すと、下記の写真のようなメニューが出てきてホームボタンへ戻るやスリープにするなどの機能が使えます。物理的なボタンではないので、ヘタる心配もないしタッチで出来るので軽快です。

感想



 Appleは早くホームボタンを物理的に押す仕組みを無くせばよいのに


See Also:
iPhoneのスリープボタンが効かなくなってきたので、即ロックアプリを作った話