読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Mac OS Lionで古いNASに接続する方法

mac

 書きかけの記事からサルベージ。
MacのOSをLionにアップデートした時に、認証つきの領域にアクセスしようとすると"接続しようとするサーバのバージョンはサポートされていません"というメッセージが表示され接続出来なくなりました。調べてみると、公式サイトの下記の情報を見るけることができました。


OS X Lion:古い認証方式の AFP サービスに接続する


 つまり、Lionではセキュリティ強度の低い認証方式をサポートしなくしたようです。一番良い対応としては、NAS側の認証方式を変えてよりセキュアな方式に変更することです。しかし、私が使っているNASは、バッファローのリンクステーション"LS-WH2.0TGL/R1"なのですが、サポートページを見てみたところファームウェアのアップデートもされていなくて、新しい認証方式を使うことは望み薄です。
 しかたがないので、デフォルトで許可されていない認証方式を許可するように変更しました。


1.ターミナルの起動


2.ターミナルから特定のファイルに書き込み権限を付与

sudo chmod o+w /Library/Preferences
sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient afp_host_prefs_version -int 1


3.認証出来ないNASに登録ユーザとしてアクセス。
  これにより設定ファイルにデフォルト値が書き込まれます。
 (おそらく既に失敗しているので、不要だと思います)


4.無効なユーザ認証方式(UAM)の確認

defaults read /Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient afp_disabled_uams
(
    "Cleartxt Passwrd",
    "MS2.0",
    "2-Way Randnum exchange",
    DHCAST128
)


5.必要な認証方式を、設定リストから削除
  下記コマンドは、無効な認証方式を設定するコマンドです。削除したい方式を記載しないでください。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient afp_disabled_uams -array "Cleartxt Passwrd" "MS2.0" "2-Way Randnum exchange"


6.接続確認
  サーバへ接続で、無事認証出来るか確認してください。


7.書き込み権限を元に戻す
  安全の為に、戻しておきましょう。

sudo chmod o-w /Library/Preferences 


Enjoy!!

See Also
TimeCapsule以外のNASで、TimeMachineを使う
ネットワーク経由で使えるNASが安い!!