読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

今更ながらGitHubを使ってみる

バージョン管理 mac

 遥か昔にGitHubのアカウントを作ってたのですが、そのまま放置しっぱなしでした。サンプルプロジェクトの登録・公開にちょうど良いかなと思うので、使ってみることにしました。ただ使用方法とかすっかり忘れてたので、軽くまとめてみました。結論から言えば、Gitが使えれば簡単に使えます。

GitHubの登録&レポジトリの作成

何はともあれ、まずはGitHubでアカウントを登録しましょう。プランは無料ので良いと思います。

Gitの設定

Gitをインストールしていない場合は、入れておいてください。
後はconfigで名前等を登録してください

$ git config --global user.name "your name"
$ git config --global user.email foo@example.com

SSH公開鍵をgithubに登録

ssh-keygen

デフォルトのままで作ると、$HOME/.ssh/の下にid_rsaとid_rsa.pubが作られます。id_rsaが秘密鍵で、id_rsa.pubが公開鍵です。下記の要領で内容を表示して、コピーします。そしてGitHubのアカウント設定のSSH KeysでAdd New SSH Keyで適当なタイトルをつけて、Keyの部分に貼りつけてください。

cat ~/.ssh/id_rsa.pub

プロジェクトの登録

git init
git add .
git commit -m "initial commit"
git remote add origin git@github.com:username/repositoryname.git
git push origin master 


enjoy!!