読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

目から鱗の減税政策 負の消費税

 給付金にしろ所得税減税にしろ、貯蓄にわまり消費に向かないという指摘は多々あります。全く逆転の発想で、マイナスの消費税にしてはという発想を知りました。目から鱗です。

景気対策に「負の消費税」はどうか?
kmoriのネタままプログラミング日記 - 公共投資or減税

<日本の財政学者といえばこんな状況でも財政再建と増税しか言わない人達ばかりでうんざりしているが、アメリカの財政学者コトリコフ(アメリカの財政破綻を心配している)は違っていて、独自の財政刺激案を提案していた>。

<彼の案は基本的には減税だけれども、所得税ではなく消費税を下げるというもの。アメリカでは連邦消費税はないので、州税分を連邦政府が負担し、元々の税率が低い州や消費税がない州ではいっそ負の消費税をやってしまえとまで言っている>。


 実際にやるとなると、システムの対応が大変だなぁと考えてしまう私は、少し職業病かもしれません。自由な発想は確保したいですね。