読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

mixiの年賀状

「ミクシィ年賀状」の申し込み、20万枚以上に--サービス開始から2週間を目前に

ミクシィがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」にて提供中の年賀状郵送サービス「ミクシィ年賀状」。同サービスで申し込まれた年賀状の枚数が、12月11日時点で20万枚を超えていることが明らかになった。

 ミクシィ年賀状はmixi上のマイミクシィ(友人)や自分が参加するコミュニティのメンバーなどに年賀状を郵送できる11月28日開始の期間限定サービスだ。

 利用にはまず、送り手のユーザーが受け手のユーザーを選択し、デザインの選択やメッセージを記入する。すると、受け手のユーザーに年賀状が送られる旨のメッセージが通知されるので、受け手のユーザーが自身の住所や本名を入力。この作業が完了することで年賀状が送信される。

 年賀状の通常価格は1通98円。版権キャラクターなどをデザインしたプレミアムテンプレートは1通130円または180円、企業広告の入ったスポンサードテンプレートは1通48円となっている。

 ミクシィによると、サービスを開始して以降、複数メディアでの報道やmixi内での告知によって申し込みをするユーザーが急増。システムに負荷がかかったため、数回サービスを停止し、システムの増強を実施しているという。

 20万枚と聞くと大ヒットのように感じられるけど、収益性としては今年は厳しそうですね。仮にはがき代を抜いた48円がそのままmixiに入る仕組みでも、48×20万枚=1000万弱。システムの開発費並びにサーバの増強分を考えると、ほとんど儲けがないか赤字なんではないでしょうかね。
 ただ、今後は化けそうなサービスですね。年賀状とネットの融合は過去幾度も挑戦されてきましたが、ミクシィのユーザ数を抱えての参入であれば、今度こそ成功するかもしれません。