読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

JAWSUG関西 特別編でS3とCloudSearchとSWFの話をしてきました

 ちょうどタイミングが合いそうだったので、JAWSUG関西で発表してきました。担当したセッションは、サービス紹介です。S3+CloudSearchとSWFの2セッションを担当しました。

Amazon S3 & Amazon CloudSearch



JAWSUG Osaka S3 CloudSearch

 一つ目は、S3 + CloudSearchです。S3の概要の他に、お気に入りの機能であるS3 Webホスティング機能のデモをしています。また、新機能の紹介としてS3イベント通知を取り上げています。
 つづいてのCloudSearchについては、CloudSearchの機能というより、そもそも全文検索エンジンとはなんぞやという話がメインになっています。全文検索エンジン周りの技術は、いろいろ追いかけてて時代があって好きなんですね。ただ構築・運用するのは面倒くさいということで、CloudSearchは素晴らしいサービスだと思います。
 発表後に気がついたのですが、ひとつあります。そもそもS3とCloudSearchを選んだ理由として、S3とCloudSearchを組み合わせると簡単にS3のオブジェクト検索を出来ますよということを言いたかったのです。完全に忘れていました。すいません。

Amazon Simple Workflow Service



JAWSUG Kansai Simple Workflow Service (SWF)

 2つ目は、Simple Workflow Service(SWF)です。これを選んだ理由は、実はAmazon Mechanical Turkの紹介をしたいがためです。Mechanical Turkは、AWSの別のクラウドです。Cloudではなく、Crowd(群衆)です。いわゆるクラウドソーシングのクラウドですね。
 そんな理由からSimple Workflow Serviceを選んだのですが、そもそもあまり触ったことがなかったのですね。ついでに覚えようと思っていたのですが、いろいろ忙殺されて時間がとれずでスライドが出来たのが当日の朝です。そういったことで、Mechanical Turkまで辿りつけずです。残念なので、次回紹介します。Mechanical Turkを使うネタは幾つか考えてあります。

まとめ



 今回の勉強会のテーマは、フルマネージドサービスでした。私自身も最近の関心事項は、いかにEC2を使わずにAWSのマネージド・サービスを利用して楽に出来るかに移りつつあります。今回紹介したサービス群は、その重要なファクターになります。資料としてまとめることで、いろいろ頭の中を整理できて良かったです。皆様も、是非フルマネージドの世界へ

See Also:
5分で何となく解るAmazon Cognito
Lambdaで作るクローラー/スクレイピング
S3のイベント通知機能(S3 Event Notifications)に対するユースケースを考える
マルチプロトコルの凄いやつ。Amazon SNS(Simple Notification Service)
Amazon SNSとSQSの素敵な関係。或いは、Jenkinsからパトライトを光らせる。
マイナー三兄弟なAmazon SNS,SQS,SESを激しくお勧めする。

参照:
JAWS-UG KANSAI特別編 「AWSを使い倒せ。AWSのフルマネージドサービス活用によるネイティブクラウドシステムへの誘い」 - JAWS-UG KANSAI | Doorkeeper