読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Amazonプライム・フォト(cloud drive)で、写真のバックアップ。或いはAmazonプライムが凄い

 動物園のカバの方が、もう少し活発に動いているのではないかと思われるくらい、怠惰に過ごしているゴールデンウィークです。時間があるので色々とやろうとしているのですが、気がつけば寝てばかりという現実ありますよね。そんな中で唯一生産的なことをしたのが、自宅のMac miniに入れた写真の整理です。

ホームメディアサーバーとしてのMac mini



 以前紹介しましたが、我が家のMac miniはメディアサーバーとしての役割を果たしています。テレビやホームシアターシステムにつないで、音楽や映画を流すためです。が、AmazonプライムにプライムビデオやPrime Musicがついたことで、その役割はほぼFire TVに奪われました。

データの保管先としてのMac mini



 そんな状況で、残された役割はデータの保管先としてのMac miniです。iPhoneとNexusのバックアップ先として利用しています。以前は、プライベートの開発や収集したデータのバックアップ際にも利用していました。しかし、それらの殆どがクラウドもしくはサービス上に保存されている為、バックアップすべきデータとして重要なのは写真だけということに気が付きました。ということで、Mac miniにためられた写真の保管先の検討です。
 一部のデータは、AWS S3に保存されアーカイブ化されています。自動実行するように設定していなかったので、今回自動化しようとしました。が、考えてみると、S3上に置いた写真データは一度も見返したことがなかったです。また、Amazon Primeに入っていると、cloud driveの機能の一部としてAmazonプライム・フォトが容量無制限で使えます。ということで、Amazonプライム・フォトに鞍替えすることにしました。

Amazonプライム・フォトの設定



 Mac版を利用しましたが、設定は簡単です。インストーラーをダウンロードして、アプリインストール後にサインアップするだけです。そして、任意のファイルをアップロードします。

インストーラーからインストール。ダブルクリックするだけです。
f:id:dkfj:20160505123218p:plain

アカウントの設定。Amazonのアカウントです。
f:id:dkfj:20160505123227p:plain

アップロード対象の設定。好きなものを選びます。私は写真のみを対象としましした。
※スクリーンショットはサブのMabbook Airの設定時のものです。
f:id:dkfj:20160505123231p:plain

アップロードが開始したら、後は待つだけです。
f:id:dkfj:20160505123235p:plain

アップロード済みのものは、Webからも閲覧できます。
f:id:dkfj:20160505123222p:plain

Amazonプライムについて



 改めて最近のAmazonプライムの拡充っぷりは凄いと思います。ビデオと音楽が聴き放題で、写真の保存も無制限。月一冊まで、Kindle本も無料で読めます。特典が配送が速いだけだった時代に比べると、隔世の感があります。
 年会費3,980円でこのサービスは素直に凄いと思います。囲い込み完了したら、米国みたいに値上げするという話もありますが、その時はその時に損得を考えれば良いでしょう。