読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

本を書いたら、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店の店員さんと写真を撮ってもらえた

 誰よりも本屋さんを愛するRuby Kaja、@higakiさんの紹介で、MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店さんにポップを置かせて頂きました。その際、コンピュータ書籍の担当の南雲さんと一緒に写真も取ってもらいました。

f:id:dkfj:20150327183841j:plain
※1 写真の掲載の許可を頂いています。
※2 目を瞑ったおっさんが私です。

コンピュータ書籍の南雲さん



 今回ご対応して頂いたのが、コンピュータ書の南雲さんです。入社1年目でコンピュータ書籍担当になったそうですが、本人曰く、ジュンク堂の中でトップ5に入るほど、コンピュータが苦手らしいです。苦手なコンピュータ作業は、店長をおだててやって貰っているそうです。
 ただ非常に熱心で、各種コミュニティ関係のイベントに対する出張計画や、どういったラインナップであれば満足されるか、いろいろ考えているのが垣間見れました。また、たぶん本屋さんそのものが大好きで、しきりに定期的に見に来て本を眺めてくださいと言っていました。
f:id:dkfj:20150327183820j:plain

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店



 ジュンク堂さんは、わりと店員さんによる選書に力を入れているそうです。1階に選書コーナーがあり、テーマごとに毎回担当が変わって並べているようです。帰りがけに見ていたら、今回お世話になった南雲さんの選書もありました。テーマは、若手&ベテランの選書。南雲さんは、入社1年目ということで、若手としてのご担当です。

f:id:dkfj:20150327190309j:plain

 なるほどと思って、ふんふんと見ていました。
f:id:dkfj:20150327190303j:plain

 すると、なかなか独創的な選書。何というか、本が好きというのが伝わってきます。が、それ以上なものが伝わってきます。とりあえず4階のコンピュータ書籍コーナに戻って、もう一度問いただしてみたいと思いましたが、時間がなかったので断念しました。

f:id:dkfj:20150327190326j:plain

感想



 私も本屋という空間が好きで時間があったら、よく入り浸っています。ただ関東に引っ越してからは、通勤圏内の駅に大きな本屋がなく、最近はあまり行っていません。今回、書店の店員さんと話したことで、改めて本屋って良いなぁと思いました。大阪の人は、是非MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店に行きましょう!!選書にも力をいれていて、非常に面白い本屋さんです。
 あと、私はペン習字で人並みの字を書けるように努力すべきかと改めて思いました。

See Also:
「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」の執筆環境
「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」の目次
AWSパターン別本の狙い。例えばAutoScalingを使えるように。「Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド」の裏話
『Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド』を書きました
『Rubyによるクローラー開発技法』を書きました
本を書く前に準備したこと、執筆中にしていたこと