読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

「Rubyによるクローラー開発技法」の電子書籍化&増刷しました

Rubyによるクローラー開発技法  巡回・解析機能の実装と21の運用例

Rubyによるクローラー開発技法  巡回・解析機能の実装と21の運用例


 昨年の8月末に出版された「Rubyによるクローラー開発技法」ですが、ついに電子書籍化されました。Kindleや楽天のkobo紀伊國屋書店のKinoppyと主要なところは押さえている模様です。達人出版会さんからも出ないものですかねぇ。
 今まで、何度も電子書籍化されないのと聞かれましたが、その度に解りませんと答えていました。電子書籍化や書名などは、ほぼ出版社側の意向によって決まるので著者としては、ほぼ決定権がない事項になります。そんな中で、ようやく電子書籍化して嬉しい限りです。願わくば、紙の本の発売日と同時に電子書籍化されているのが標準になってものですね。


 また、紙の方の本も依然好調で、3回目の増刷で累計9,000部となります。技術書の世界では、10,000部いけばヒットと呼べるようです。というところで、後一息です。電子書籍が出ているので、今後はペースは落ちると思いますが、ロングセラーになってくれればと思います。順位の推移をみると、1日平均で10,000位を落ちることなく維持しています。ありがたいことです。
f:id:dkfj:20150308125907p:plain


もうすぐ発売される、
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド』ともどもよろしくお願いします。

See Also:
『Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド』を書きました
『Rubyによるクローラー開発技法』を書きました
本を書く前に準備したこと、執筆中にしていたこと