読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

カテゴリ別 App Storeのアプリ登録数

 暇な時に、日本のApp Storeで登録されているアプリ数をカテゴリ別に調べてみました。書きだして眺めてみると、色々な気づきがあったので共有します。ちょっと眺めて見てください。

カテゴリー名 iPhone無料 iPhone有料 iPad無料 iPad有料
Newsstand - - - -
エンターテイメント 25353 26990 6978 9128
カタログ 299 130 73 345
教育 18308 28843 9513 17710
ゲーム - - - -
仕事効率化 6007 7130 2308 3253
辞書/辞典/その他 6756 11578 2347 5568
写真/ビデオ 4856 6220 1692 2978
スポーツ 7493 7417 2006 2449
ソーシャルネットワーキング 7505 2680 1335 919
天気 1077 963 305 405
ナビゲーション 3177 5342 691 2184
ニュース 10088 2337 5656 827
ビジネス 17905 5507 7874 2668
ファイナンス 6558 3565 2016 1127
ブック 10058 40432 7118 21136
ヘルスケア/フィットネス 5487 7867 1375 2552
ミュージック 12352 8832 2300 4077
メディカル 4473 5112 1871 2520
ユーティリティ 16152 16272 3828 4541
ライフスタイル 25345 17075 8077 6031
旅行 11883 16154 2674 5029
合計 201132 220446 70037 95447


 売上/ダウンロード数は、スタート時では口コミや有名サイトでの紹介がモノを言いますが、長期的にみるとApp Storeでのランキングに載りつづけるかが勝負です。となると、必然的に競争が激しくない所の方が有利になります。例えば似たようなカテゴリのビジネスと仕事効率化。iPhoneの無料版だとビジネスカテゴリは18,000弱になります。これに対して仕事効率化は6,000程。逆に有料版だとビジネスは5,500程度なのに仕事効率化は7,100強と逆転します。どちらのカテゴリでもマッチする内容であるのならば、無料版で出す時は仕事効率化でだして、有料版ならばビジネスを選ぶのも一つの手でしょう。
 カテゴリは一度出すと変更出来ないので、慎重に選びましょう。また激戦区を除けば、ランキングに載ることはそこまで難しくありません。リストを見て頂ければ解ると思いますが、iPadアプリなどは特に難易度が低いです。この辺りもコツがあるので、どこかで一度まとめようと思います。