読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

始まりはいつもHello World ~google app engine for python編

 環境設定が終わった所で、お決まりのHello Worldです。
Googleのチュートリアル通りにすれば、基本的に詰まることは少ないでしょう。


 まずは、ディレクトリの作成。
helloworld その直下にhelloworld.pyを作ります。

print 'Content-Type: text/plain'
print ''
print 'Hello, world!'


 次に設定ファイルを作成します。app.yamlです。
是非コピペではなく、手で入力してください。

application: helloworld
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
- url: /.*
  script: helloworld.py


 これでアプリケーションの起動が出来ます。
dev_appserver.pyでAPPサーバが起動出来ます。パスが通ってなければ、通してください。

$dev_appserver.py helloworld/


起動後は、http://localhost:8080/で確認出来ます。
エラーがでたら、app.yamlを確認してください。
pythonはスペース等も意味も持っているので、ご注意を


次はフレームワークを使っての実装をします。