読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Snow LepordにGoogle App Engine用のpythonをインストール

 MacBook Air Snow LepordでGoogle App Engineを使う為の準備です。
スタート ガイド: Python - Google App Engine - Google Codeの通りに準備をしていけば、特に問題ないです。Google AppEngineに必要なのは、Python2.5とApp Engine ソフトウェア開発キット(SDK)とGoogle AppEngineのアカウントが必要です。

Pythonのインストール

 Snow Lepordにデフォルトでインストールされているのは、2.6と新しいバージョンが入っています。App Engineで使うには2.5が必要です。念のためバージョンを確認して、入っていなければ2.5をインストールしましょう。

$ python --version
Python 2.6.1

 Python2.5はMacPortが入っていれば、比較的簡単に導入することができます。(ただしコンパイルには、かなりの時間がかかります。)

$sudo port -d selfupdate
$sudo port sync
$sudo port install python25
$sudo port install python_select  
$sudo python_select python25

python_selectは、使用するPythonのバージョンを切り替えてくれる素敵なツールです。

$ python_select 
usage: python_select [-n] [-d] [-r] [-h] [-v] version

-n        Show commands to do selection but do not execute them.
-d        Show debug messages during execution
-h        Display this help info.
-v        Display version of python_select.
-l        List available options for version.
-s        Show the currently selected version

Google App Engine SDKのダウンロード

 Google App Engine SDK のダウンロードからダウンロードして、アプリケーションディレクトリにコピーするだけです。

アカウントの取得

 Google App Engine - Google Codeから登録できます。既にGoogleのアカウントを持っていれば、簡単に登録できます。1アカウントにつき、10個までアプリケーションが登録出来るようです。


 準備としては、ここまでです。
後はアプリケーションの開発を進めるのみです。