読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

iPhoneアプリ開発の必読書がまた1冊。iOS開発におけるパターンによるオートマティズム

iPhone

 巷で話題のiOS開発におけるパターンによるオートマティズムを買って読みました。一言でいうと、こんな本が欲しかったです。iPhoneアプリの開発本は数あれど、デザインパターンに言及している本はお目に掛かったことがなかったです。(正確にはデザインパターンでは無いですが。)
 冒頭の目的にも書いてある通り、アプリを実装するだけであればサンプルやチュートリアルを見ていれば作れるようになります。しかし、コードの寄せ集めのアプリでは規模が大きくなると破綻します。規模が大きくなっても破綻しないようなクラス設計の手助けをするのが本書です。


 まずは、目次をご覧あれ

1. パターンとは何か
2. アプリ設計のパターン
3. モデルのパターン
4. メモリ管理のパターン
5. ビューコントローラのパターン
6. テーブルのパターン
7. 通知のパターン
8. ネットワークのパターン
9. iPadへの対応

 MVCのそれぞれの部分について、どのようなパターンで作ればよいかのサンプルがあります。
私も幾つかアプリ作ったことがありますが、正直iOSでの開発経験が慣れていないので、どこにどんな役割のクラスを配置すれば良いのか試行錯誤でした。一度iPhoneアプリを作ってからこの本を読めば、有り難さが実感でき、またより良いソースを書くにはどうすればよいかの参考になります。
(Cocoa touchフレームワークの上に)フレームワークを作るな。パターンを作れ。これですね。


 この本は、間違いなくiPhoneアプリ開発の定番の一冊になると思います。是非、ご検討を。
次は、誰かiPhoneアプリのテストの本を出してくれないですかねw

iOS開発におけるパターンによるオートマティズム
木下 誠
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 1556