読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

笑える程の凄さ!未来のテレビがここに Apple TV

 遂に日本でも発売されたApple Apple TVを、早速購入しました。使って二日目ですが、ビックリするくらいの使い易さに只々驚いています。そしてTVという機械は、やっぱり映像を見るのに最適化されているという当たり前の事実に気が付かされました。


 箱を開けて使い始めるまでですが、まず届いて箱を見て驚かされます。ビックリするくらい小さいのです。Appleのページを見ていたら、Mac miniくらいの大きさがあるのかなと思っていました。実物はこんな感じです。

DSと比べれば解る、この小ささ。TVの下に設置すると、殆ど存在に気が付かれることもないんじゃないですかね。


引いてとった写真で、右下の方にある物体です。全く邪魔にならないでしょ。


 次に設置編ですが、インターフェースはシンプルなので簡単です。電源の他には、イーサネットの口とHDMI,光オーディオです。そして当然ながら無線LANにも対応しています。
 ここでネットワークへの接続ですが、選択肢は二つあります。有線LANと無線LAN。AppleTVの性格上、テレビの近くに置く必要があります。そこでテレビ周りをこれ以上配線でゴチャゴチャにしたくなかったので、とりあえず無線でやって速度に問題がなければそのまま使うという方針で設置してみました。結論としては、大正解でした。
 映画をダウンロードするのも、YouTubeを見るのもPodCastを聞くのも、ほぼ全く遅延が生じることもなく楽しむことができます。一体どうやってストリーミングを制御しているのか不思議に思うくらいです。
 ちなみに物理的な設定が終わった後の機器設定ですが、iTunesのアカウントを入力するだけでほぼ終わりです。簡単、簡単。


 そこまでいって、念願の映画のレンタルをしてみました。タイトルの数にはまだもう一頑張りという感じはしますが、レンタルビデオ屋に行かずに家で寝そべりながら借りられるのは素晴らしいです。さらに借りて直ぐにそのままで見られます。もっともタイトルの種類については、アップル製らしく当然アダルトものはありませんw またやけにディズニーが充実しています。ディズニーとジョブズの関係からでしょうか?
 しかし、ぽすれんみたいに待つ必要も返す必要もないというのは便利です。素晴らしすぎます。最近、「ネットで借りて、自宅に届き、ポストに返却」のDMM.comが、DVDのレンタルからブランド物のレンタルに移行しつつあるのも、DVDの物理的レンタルは近い将来無くなると見越してのことかもしれません。
 

 またAppleTVではYouTubeとかPodCastが直接見れるのですが、これが想像以上にテレビと相性が良いのです。パソコンで視聴する以上に操作性が良いように思えます。またPodCastは多少画質が悪いですが、これぞまさしくオンデマンドテレビの実現だと思います。ビジネスやコメディなどのジャンルごとにそれぞれコンテンツが選べます。日経ビジネスとかも出していて、また今週の株式市況についてとかも見れます。
 もちろんパソコンでも見えるのですけど、テレビで手軽に見れることは想像以上に便利です。今のご時世、居間は大抵テレビを中心に家具の配置がされています。つまりは一等地にあるのです。でもそこから吐き出されるコンテンツは、基本的にテレビ局が発信するPush型のコンテンツだけでした。その時みたいものがあるかは、運次第です。しかし、AppleTVと連携するだけで、その状況が一変します。見たい情報をこちらから選べるのです。しかも一等地にあるから、何かをしながら見るのに最適です。私はPodCastを聞きながら、何かをすることが多くなりました。今までパソコンでも出来たのですが、やっぱりテレビで聞けるのならば、そちらの方が便利です。


 こんな便利なアップルテレビですが、テレビのニュースなどで全くといっていいほど取り上げられてないのは不思議に思うほどです。放送業界が結託して闇に葬ろうとしているのかと、勝手に陰謀説を創りあげたくなる程です。
 アップルテレビが天下をとるか、グーグルテレビが勝つか、もしくは家電業界から反撃が出るのかは解りませんが、今後は一定レベルでオンデマンドテレビのシェアが出てくるでしょうね。


 最後に付け加えると、このアップルテレビ購入から映画の視聴まで、私は一歩も外に出ることなく完了できました。通販、ネットテレビバンザイ!!


Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A