読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

新・iPhone/iPadアプリを作るならば、これを読め!!

iPhone iPad

 以前、「iPhoneアプリを作るならば、これを読め!!」というエントリーを書きましたが、iPadが出たり色々な本が出たりと状況が変わったので、現状のお薦め本を再度書いてみます。


 初めてiPhone/iPadアプリを作る人という観点で書くと、まず「iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス」がお薦めです。何故かというと、題名の通りUIKitの使い方に特化しているのです。iPhoneを作ろうとした人には解ると思いますが、最初はとにかくUIKitの使い方が全く解らないのです。ObjectiveCが解らないとかそれ以前の問題なんです。そんな時にはこの本がお薦めです。サンプルコードも多く写真も多いので、初心者に取っ付き易いです。さらに作り方がInterface Builderに依らずコードベースの作り方を紹介している所です。Interface Builderの是非については人によると思いますが、動きの基本が解っていない時からInterface Builderを使っていると、最後までiPhoneの描画の仕組みとか解らないという部分もあると思います。ですので、私としては最初はInterface Builderに依らない作り方を覚えるのが良いと思います。


 次に買うと良いのが、「iPhone SDK アプリケーション開発ガイド」。一通りiPhone/iPadの画面が作れるようになったら、色々な機能を実装したくなります。その時にどんなAPIを使ったらよいのか、リファレンス的に使えます。


 最後に読みたいのが、「詳解 Objective-C 2.0
」です。上記2冊を参考に何とか作りあげても、メモリーリークで泣くことになると思います。というのもObjectiveCのメモリ管理は少し特殊な所があって、ハッキリいってどのタイミングで開放されるのか最初はさっぱり解らないと思います。単純に使い終わったらリリースすれば良いやと思って、かたっぱしからリリースしたらアプリが途中で落ちたりとか。その辺りのオブジェクトの開放の仕組みとかは、iPhone本には殆ど書かれていません。というところで、やはり言語本も必要になります。


 上記三冊があれば、一通り開発出来るようになると思います。


iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス
所 友太
リックテレコム
売り上げランキング: 1276
おすすめ度の平均: 5.0
5 アグレッシブでなおかつ真摯な本だと思います
4 長く使える一冊
5 机の上に備えておきたい良書の一冊です
5 幅広い内容


iPhone SDK アプリケーション開発ガイド
Jonathan Zdziarski
オライリージャパン
売り上げランキング: 6122
おすすめ度の平均: 4.0
5 網羅的で、概念を俯瞰的に解説。
5 まずは自分で動くアプリを作った方にお勧めします
4 サンプルコードに間違いが多い
2 中上級者向け
5 iPhone 関連で一番の良書

詳解 Objective-C 2.0
詳解 Objective-C 2.0
posted with amazlet at 10.08.23
荻原 剛志
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2233
おすすめ度の平均: 4.0
2 説明が下手だと思う。
5 iPhoneアプリ開発で初めてObjective-C触る人に勧めたい
4 常に手元にあるべき本
5 参考書としておすすめ
1 とにかく分かりにくい。