読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

TortoiseGitのインストールと日本語化

技術メモ

入門Git

 WindowsでGitを使いたかったのでTortoiseGitを入れてみました。
特に悩む所はないですが、メモがてらのエントリーです。

 まず最初にmsysgitのインストール。
exeをダウンロードして、起動するだけの簡単なお仕事です。
インストール完了後に、パスを通します。デフォルトだとC:\msysgit\msysgit\binです。
注意点としては、C:\msysgit\msysgit\mingw\binにもパスを通すことです。
そうしないと、gitを実行した時に「libcurl-4.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題は解決される場合があります。」という全く役に立たないアドバイスを貰うことになります。

 インストール後、コマンドプロンプトでgitと叩きエラーが出なければ成功です。


 その後はToritoiseGitをダウンロードして、インストールします。
これもインストールプログラムなので、悩むことはないです。


 お好みでメニューを日本語化できます。
ダウンロード - TortoiseGit日本語言語ファイル - SourceForge.JP
日本語化ファイルをダウンロード後に、dllファイルをTortoiseGitのLanguagesフォルダにコピーします。(デフォルトだとC:\Program Files\TortoiseGit\Languages)
※日本語化したい場合は、バージョンに注意してください。
 日本語ファイルの方が古い可能性が高いです。
 その場合はTortoiseGitを日本語化サイトから古い英語版を落としておく方が確実です。


操作方法自体は、TortoiseSVNやTortoiseCVSと殆ど同じです。
分散コミットなので、そこの所の考え方はSVNやCVSと違っています。
その辺りについては、また改めて。

入門Git
入門Git
posted with amazlet at 10.03.01
濱野 純(Junio C Hamano)
秀和システム
売り上げランキング: 5182
おすすめ度の平均: 4.5
5 楽しくGitを学べる本
5 美しいワークフローのための入門書
3 内部に詳しいが故に…