読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

プリンシパルを持っているか? 金融資本主義を超えて

 移動時間にライフネットの副社長の岩瀬さんの金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記を読みました。自分はプリンシパルを持っているか?それを元にどんな時にもブレない行動をとれるか?激しく自省したひと時でした。
 前半で繰り返し語られるプリンシパル。ただ要領良く生きていくだけならばその場その場で最善の選択をしていけば大丈夫でしょう。でも、最後に人生を振り返る時に要領だけで生きていったとして、それは満ち足りた人生なんでしょうか?例えその場の選択で不利になっても自分の信念の元に行動していくことが大事だと強いメッセージを受け取りました。土壇場で人を裏切らない為に、また自分を裏切らない為にプリンシパルを培っていこうと思います。(ちなみに、私は漠然としたものはありますが、プリンシパルという程には昇格していません。)


 ちなみにこの本、著者のハーバード留学時代のブログを再編集して文庫本化したものですが、一冊の本としては正直読みにくいです。基本的には入学から時系列で進んでいくのですが、時折回想で過去のシーンが挿入されます。たまに脈絡がないなぁと感じる時もあり、頭が付いていかない時があります。(きっと岩瀬さんの中で、イベントごとに思い出された過去の大切な出来事なのだろうとは推測できます。)


金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記 (文春文庫)
岩瀬 大輔
文藝春秋
売り上げランキング: 6802