読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

梅田望夫バブルと西村博之バブル 僕が2ちゃんねるを捨てた理由

 つい先日、話題の「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」を読みました。ひろゆきさんの思考パターンが解って面白いのですが、個人的にはそこの部分については「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 」で充分かなと思います。最近、ネットでのインタビュー記事とかも多いですし。
 それより気になったのが、後書きの一文

ウェブ進化論の梅田さんとの対談を想定して動き出した企画なのですね。んで、梅田さんにアポを入れたらしいんすけど「今年はインプットの年にしたい」ってな理由で、断られてしまったようなのです。

 これは是非実現してほしいですね。ネットに対して理想を追い求める梅田さんと、シニカルな目で突き放すひろゆきさん。かなり面白い物になると思います。まぁ、相性というか煽り耐性の違いというか梅田さんが不利なことこの上ないので、実現することは今後もないでしょうね。
 私が面白いと思うのが、二人に対する世間の反応。
ひろゆきはなぜ逮捕されないのか
日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編)
梅田さんが何か言うと「失望した」等のネガティブな反応が多いように思えます。これに対して、ひろゆきさんの場合は「ひろゆきだからなぁ」で済んでいるような気がします。上手い立ち位置ですね。


 ちなみに最近ひろゆきさんの人気が凄いなぁと思って、ふとGoogle Trendsで二人を比較してみました。意外に息の長い人なんですね。(まぁ2chの管理人だったので当たり前か)


僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
ひろゆき
扶桑社
売り上げランキング: 88