読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

リスクとリターンの話 劣後債とか

劣後債:個人投資家に人気 超低金利の中で利回り高く
 昨日、個人向けの劣後債が人気というニュースが出ていました。8年物で利回りが2〜3%だそうです。リスクとリターンが全然釣り合っていないなぁと思います。国債や元本保証の預金と比べるのもナンセンスなんじゃないですかねぇ。1000万円まで元本が保証されている預金の利率と元本が保証されていない劣後債を、単純に利率だけで比べるとリスクの大きい劣後債の方が利率が良いのは当たり前です。少なくともリスクとリターンを勘案したシャープレシオ等に言及しないと。
 買う人は大手銀行が潰れる訳がないと言うと思いますが、10年先なんて誰にも解りませんよ。今のみずほ銀行が3行合併だし、三井銀行と住友銀行がひっついたりと起こる訳がないと言われていたことが起こったのが10年前ですからねぇ(別に潰れた訳ではないですが。)


プロの方も、疑問を呈されているようです。
劣後債・・・売りたいときは売れません。