読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

statsvnで特定ファイル、ディレクトリを集計対象外にする

 地味に便利なstatsvn。コミットログを元に活動を可視化してくれます。ただ一点問題がありまして、デフォルトの設定のままだとソースもデータもドキュメントもいっしょくたんにカウントされます。純粋にコードの記述量を知りたいという場合も多いので、どうやるんだろうなぁと思っていました。
 さっきコマンドのヘルプを見てみたら、単純にexcludeで除外出来るようです。これは便利。下記の例だと、resourcesディレクトリとddlディレクトリを除外しています。

java -jar statsvn.jar -exclude "ddl/**;resources/**" logfile.log trunk/


以下、コマンドラインヘルプ

Required parameters:
  <logfile>          path to the svn logfile of the module
  <directory>        path to the directory of the checked out module

Some options:
  -version           print the version information and exit
  -output-dir <dir>  directory where HTML suite will be saved
  -include <pattern> include only files matching pattern, e.g. **/*.c;**/*.h
  -exclude <pattern> exclude matching files, e.g. tests/**;docs/**
  -tags <regexp>     show matching tags in lines of code chart, e.g. version-.*
  -title <title>     Project title to be used in reports
  -viewvc <url>      integrate with ViewVC installation at <url>
  -trac <url>        integrate with Trac at <url>
  -bugzilla <url>    integrate with Bugzilla installation at <url>
  -username <svnusername> username to pass to svn
  -password <svnpassword> password to pass to svn
  -verbose           print extra progress information
  -xdoc                 optional switch output to xdoc
  -xml                  optional switch output to xml
  -threads <int>        how many threads for svn diff (default: 25)
  -concurrency-threshold <millisec> switch to concurrent svn diff if 1st call>threshold (default: 4000)
  -dump                 dump the Repository content on console
  -charset <charset> specify the charset to use for html/xdoc
  -tags-dir <directory> optional, specifies the director for tags (default '/tags/')

Full options list: http://www.statsvn.org