読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

将器とは? のぼうの城

 のぼうの城を読みました。さくっと読めて痛快な作品です。他の歴史小説では、あまり読んだことがないようなタイプの書き方ですね。とってもライトです。手軽に歴史小説を楽しみたいという人に受けそうです。これから似たような感覚の書き方の人が増えるんではないでしょうか?


 物語の見せ場の1シーン。

「のぼう様が戦するってえならよう、我ら百姓が助けてやんなきゃどうしようもあんめいよ。なあ皆」

こんなことを言わせられるリーダーって、確かにいますね。茫洋とした大きさを持つ人間には、あこがれを持ちます。忍城の攻防を題材にした小説はもう一冊あるようなので、ついでに読んでみることにします。

水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫)


のぼうの城
のぼうの城
posted with amazlet at 09.01.13
和田 竜
小学館
売り上げランキング: 604


水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫)
風野 真知雄
祥伝社
売り上げランキング: 7514