読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

健康保険のインセンティブ

首相、何もしない人の分なぜ払う 医療費で発言

 麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日に公開された議事要旨で分かった。

〜〜 中略 〜〜

 さらに「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブ(動機づけ)がないといけない」と話した。

 また、マスコミこぞってバッシングなんでしょうが一言。損害保険も無事故無違反の人は保険料安くなるのだから、健康保険も年間の治療額によって保険料を増減させても良いのではないでしょうか?国民皆保険の原則でリスクをみんなでシェアしようという発想が根本だから、民間の保険方式とは違うという意見も多いでしょうが、民間の良い所は見習うべきです。車の保険でいうと、安くなるように安全運転でいこうというインセンティブは少なからず働いていると思います。これに対して、現行の健康保険は使わないと損という逆のインセンティブが働いています。何とかならんのかなぁと常々思っていました。
 麻生さんが言った「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブ(動機づけ)がないといけない」という発言は、理にかなっているんじゃないですかね。