読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

無責任社会の時代

こんにゃくゼリー、また幼児死亡 対策取られず17人目

 国民生活センターは30日、兵庫県の男児(当時1歳9カ月)がこんにゃく入りゼリーをのどに詰まらせる事故が7月にあり、9月20日に死亡したと発表した。こんにゃくゼリーは子どもや高齢者には窒息の危険があるとされ、95年以来の死者はわかっているだけで17人となった。規制する法的な枠組みがないとして抜本的対策がとられず、被害が広がっている。 

〜略〜

 佐野真理子・主婦連合会事務局長の話 これだけ多くの方が亡くなり、「行政のすき間」の商品として問題となっていたのに、行政が何もせず放置してきた結果、また1人亡くなった。警告マークをつけて済む問題ではないことが明らかになったし、そもそも高齢者や子どもが食べてはいけないお菓子が流通していること自体おかしい。早急に消費者庁を設置して、規制すべきだ。 

そもそも高齢者や子どもが食べてはいけないお菓子が流通していること自体おかしい。
そもそも高齢者や子どもが食べてはいけないお菓子が流通していること自体おかしい。
そもそも高齢者や子どもが食べてはいけないお菓子が流通していること自体おかしい。


。。。
親の責任は?
これだけ問題になっているのに、親が食べさせるのがおかしいのでは?
普通幼児がボタンや電池を誤って飲みこんでしまわないように注意するでしょう。
上の論理でいくと、幼児が誤って飲んでしまうものは全て禁止とかなるんでは?