読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

投資銀行の終焉

 ここ数日、かなり衝撃的なニュースがポンポン出てくる。三菱UFJのモルガン・スタンレー出資ってのも凄い。例えるならば、周回遅れで走っていたら、前方の走者が崖に落ちて息も絶え絶えになっていた。ふとみると、手元に縄を持っていたから助けられたくらいなのかな。まぁ、棚ぼたにしろグッドジョブ、三菱UFJ。リーマン買っちゃった野村証券はどうなるか解らんけど。後は、三井住友がゴールドマンサックスに出資するかどうかかな。


米FRB、ゴールドマンとモルガンの銀行持ち株会社化承認

ワシントン(AP) 米連邦準備制度理事会(FRB)は21日、米証券大手ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが銀行持ち株会社となることを承認したと発表した。

銀行持ち株会社に移行することで、預金業務による資金調達が可能になるほか、FRBからの資金供給も受けやすくなる。 


モルガン・スタンレー、株式の20%を三菱UFJに売却

 米証券大手モルガン・スタンレーは22日、同行株式のうち最大20%を三菱UFJフィナンシャル・グループに売却する旨で合意したと発表した。モルガンの第三者割当増資に三菱UFJが応じたもので、履行されれば三菱UFJは80億ドル超を出資し、モルガンの筆頭株主となる。

ちなみに、ウォール街の衝撃は下記の記事を見ればよく解る。買収されたことではなくて、投資銀行モデルを捨て去ったことに対して。
ゴールドマンとモルガン・スタンレー、ウォール街モデル捨てる

 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米連邦準備制度理事会(FRB)は21日夜、米証券大手のモルガン・スタンレー(NYSE:MS)とゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)を従来型の銀行持ち株会社に転換させることで合意した。ウォール街の危機が有力投資銀行2社に感染するのを防ぐための異例の措置。

 証券売買とアドバイザー業務を手掛ける独立系証券会社は、預金と貸し付けを行う昔ながらの銀行と比べると規制が少なく、長い間ウォール街の代名詞だったが、今回のFRBの動きにより、消滅することになった。ウォール街で最も権威ある2社は、国の銀行監督当局の厳重な管理下に置かれ、新たな資本規制とさらなる監督を受け、その収益性も従来より大幅に低下することになる。