読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

iPhoneでHello World!!

お約束ということでHello World!!を表示するアプリを作ってみました。
まずは、Create projectでView-Based Applicationを選択。プロジェクト名は、Hello。
すると、以下のファイル群が出来ます。

Classes
 HelloAppDelegate.h
 HelloAppDelegate.m
 HelloViewController.h
 HelloViewController.m
Other Sources
 Hello_Prefix.pch
 main.m
Resources
 HelloViewController.xib
 MainWindow.xib
 info.plist
Frameworks
 UIKit.framework
 Foudation.framework
 CoreGraphics.framework
Products
 Hello.app

.hファイルが、ヘッダーファイル。C言語と一緒です。
.mファイルが、プログラムの実体。.cと一緒に考えても問題ないでしょう。
.xibファイルが、インターフェース(見た目)の定義。クリックすると、interface builderが起動します。
.appファイルが作られたアプリです。


画面の表示する実装は、HelloAppDelegate.mにありますので、そこを編集します。幾つかメソッドがありますが、その中にapplicationDidFinishLaunchingというメソッドがあります。このメソッドは、アプリケーションの起動が終わった直後に1度呼ばれるメソッドです。今回は、ここにHello worldの表示の実装を書きます。

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {    
    
    UILabel *aLabel = [[UILabel alloc] initWithFrame:[[UIScreen mainScreen] bounds]];
	aLabel.text = @"Hello World!!";
	[window addSubview: aLabel];
	[aLabel release];

	// Show window
    [window makeKeyAndVisible];
}
UILabel *aLabel = [[UILabel alloc] initWithFrame:[[UIScreen mainScreen] bounds]];

まずは、aLabelというオブジェクトを作ります。UILabelと言うのは、フレームワークで提供されているクラスです。

aLabel.text = @"Hello World!!";

次にラベルに文字を設定します。文字列を書く時に@""とするのがObjective-Cの書式のようです。

[window addSubview: aLabel];
[aLabel release];

そして、ウィンドウにラベルを追加します。要が無くなったラベルは解放します。

 [window makeKeyAndVisible];

最後に、表示します。


見事表示できました!!
サンプルを見ながら書いただけですが、動いている物を目の当たりにするとやはり嬉しいですね。これからも、順を追って使い方を覚えていこうと思います。