読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

Amazon EC2のインスタンスの起動と停止

久々にAmazon EC2を使ってインスタンスの起動の仕方が解らなくなっていたので、再度メモしておきます。

インスタンの選択

お好みのamiを選びましょう。

$ ec2-describe-images -o self -o amazon
IMAGE   ami-20b65349    ec2-public-images/fedora-core4-base.manifest.xml       amazon   available       public
IMAGE   ami-22b6534b    ec2-public-images/fedora-core4-mysql.manifest.xml      amazon   available       public
IMAGE   ami-23b6534a    ec2-public-images/fedora-core4-apache.manifest.xml     amazon   available       public
IMAGE   ami-25b6534c    ec2-public-images/fedora-core4-apache-mysql.manifest.xmlamazon  available       public
IMAGE   ami-26b6534f    ec2-public-images/developer-image.manifest.xml  amazon available        public
IMAGE   ami-2bb65342    ec2-public-images/getting-started.manifest.xml  amazon available        public
IMAGE   ami-36ff1a5f    ec2-public-images/fedora-core6-base-x86_64.manifest.xmlamazon   available       public
IMAGE   ami-bd9d78d4    ec2-public-images/demo-paid-AMI.manifest.xml    amazon available        public  A79EC0DB

インスタンスの起動

起動時に必ず作成したRSA Keyペアを指定しましょう。
そうしないとログインできません。

$ ec2-run-instances ami-f51aff9c -k gsg-keypair 
RESERVATION	r-837bacea	021010746129	default
INSTANCE	i-adc763c4	ami-f51aff9c			pending	gsg-keypair2	0		m1.small	2008-09-01T15:10:17+0000	us-east-1b	aki-a71cf9ce	ari-a51cf9cc

起動中は、ステータスがペンディングになります。

インスタンスのステータス確認

接続するためのURLを確認します。

$ ec2-describe-instances i-adc763c4
RESERVATION	r-837bacea	021010746129	default
INSTANCE	i-adc763c4	ami-f51aff9c	ec2-**-***-235-158.compute-1.amazonaws.com	domU-12-31-39-00-78-86.compute-1.internal	running	gsg-keypair2	m1.small	2008-09-01T15:10:17+0000	us-east-1b	aki-a71cf9ce	ari-a51cf9cc

ログイン

認証に作成したRSA Keyペアを指定します。

$ssh -i gsg-keypair root@ec2-**-***-235-158.compute-1.amazonaws.com
INSTANCE	i-adc763c4	ami-f51aff9c	

許可ポートの設定

初期状態では、全てのポートが閉じられているため、初回のみ必要になります。
(SSHとHTTPを解放する例)

$ec2-authorize default -p 22
$ec2-authorize default -p 80

停止

立ち上げている間は、ずっと課金されます。
停止の仕方は次の通りです。

$ec2-terminate-instances i-adc763c4

Amazon EC2/S3の使い方目次