読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

ポイント引当金の会計処理

 8/16付けの日経新聞読んでいたら、ポイント引当金の会計処理についての記事がありました。仕事とは何も関係ないが、前から会計ってどうするんだろうと思っていました。結論から言うと、特別にルールは無い模様です。ただ、会計処理で引当金を計上する企業は増えているようです。ただし引き当てのさじ加減は企業ごとによってバラバラ。永久不滅のクレディセゾンは全額経常。カード会社等は未使用分のうち四割程度を計上している所があるようです。逆に日本航空や全日本空輸は、貸借対照表には出てきていないようです。おいおいという感じですね。
 ちなみに国債会計基準審議会は、ポイントについて昨年ルールを制定したらしい。これによれば引当金を計上するのではなく、売上からポイント発行分を差し引くそうです。そしてポイント分は繰り延べ収益として負債に計上。このルールを適用されると困る企業はかなりあるんじゃないですかね?家電販売とか


 ついでに、色々ポイント制度について調べていたら秀逸のレポートを見つけました。
問われるポイントカード戦略


 今年6月に金融庁から出ているレポート。なんと商品券についてもルールがないんですね。普通に考えたら、前受金として負債計上するのが正しいように思えますが。
ポイント及びプリペイドカードに 関する会計処理について


 はてなでも同じような疑問を持つ人がいました。
カードポイント制度、特に現金購入時に付与され、次回購入時に充当できるもの(ヨドバシやビックカメラ等のポイントカード)の会計処理について記載したサイト・本を教えてもらえませんか?