読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

物語で読み解くファイナンス入門

物語で読み解くファイナンス入門

 最近1ヶ月の間で読んだ本の中で、段違いに面白い本です。金融に関わる面白いエピソードと、その理論的根拠が紹介されています。こういう形式で紹介されれば、難解な金融商品のカラクリもすぐに解ります。

特に面白かったエピソードは、次です。是非、実際に読んでみることをお勧めします。

・一万ドルの車に一万ドルの国債のおまけ
 アメリカで実際にあった車の売り方の秘密
・タイム イズ マネーの真意
 2重に含蓄のあるコトバ
・永久に利子をもらえる!永久債
 夢のような商品。その秘密

この本は、永久保存版で本箱に格納しておきます。
※普段は、読んだら処分するんですけどね。

目次

まえがき

 第I部 リスク編

1 リスクとは何か
2 リスクの種類
3 リスクと歴史
4 なぜリスクマネジメントが必要なのか
5 リスクマネジメントの手法
6 つむじ曲がりのリスクマネジメント

 第II部 保険編

7 保険需要の考え方
8 保険の価格について
9 経済資本
10 保険と相互会社
11 買う側の論理と売る側の論理
12 保険の経営史
13 保険と文化

 第III部 エピローグ

物語(エピソード)で読み解くファイナンス入門
森平 爽一郎
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 76534
おすすめ度の平均: 4.0
4 丁寧で分かりやすい解説
5 とても良い本だと思いました。
5 楽しく読める、ファイナンスの副読本
3 ファイナンスに関する雑談集
5 ファイナンスを伝えるために