読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

アムバック増資策

金融市場の火薬庫、金融保証会社(モノライン)の最大手アムバック(Ambak)増資策。

 [ニューヨーク 5日 ロイター] スタンダード&プアーズ(S&P)とムーディーズ・インベスターズ・サービスは5日、米金融保証会社アムバック・フィナンシャル・グループ(ABK.N: 株価, 企業情報, レポート)の資本増強策を受け、少なくとも15億ドルの調達計画が成功すれば、金融保証部門の格付けをトリプルAで据え置く可能性があるとの認識を示した。

 格付け会社は、格下げ方向での見直しを続けるが、資本増強やその他リスク軽減に成功すれば、金融保証部門アムバック・アシュアランスの格付けトリプルAの確認につながる可能性がある、としている。

 アムバック・フィナンシャル・グループは5日、少なくとも10億ドルの普通株と5億ドルの出資証券を発行することを明らかにした。

 なぜこの会社がAAA格を維持できるかというと、銀行その他のご都合。AAA格からAA格へ2ランク下がるだけで評価損を10%程度計上しないといけないようです。サブプライムローンの総額は5,000億ドル程度と言われているので、10%の下落で500億ドルほど。もちろん他にもモノラインの会社はたくさんあるのですが、規模の面においてはアムバックが段違いです。ということで、増資してでもAAA格を維持したいのが銀行側の思惑です。
 まぁ、もう既にAAA格を維持しているのがおかしいんでしょうね。一連の騒動で、S&Pなどの格付け会社の信用も地に落ちているでしょうね。


 こんなに増資したら株主価値の希釈化も進むので、そりゃ株価も落ちるわなぁ。