読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

「毎月利払型」南アフリカランド建利付債の罠

 南アフリカランド建ゼロクーポン債書いたついでに、南アフリカランド建利付債についてもひと言。ゼロクーポン以上に買っちゃいけないのが、毎月利払型の南アフリカランド建利付債。何故買ってはいけないかというと、手数料の高さ。手数料を見ると、下記と通り。買付手数料は掛かりません。が、為替手数料に注目してください。
search.etrade.ne.jp/v2/popwin/info/bond/pop_isbond_f3.html

手数料等について
 ・ 債券を購入する場合は、購入対価のみお支払いただくことになります。
 ・ 尚、外国債券のご購入・償還・途中売却時及び利金お支払時には為替手数料がかかります。

 2/10現在で、1南アフリカランド 14.352円。片道50銭、往復で1円の手数料。実に、7%弱です。計算し易くする為に、100万円購入したとして、買付の時に3.5%の手数料を取られて元金が96.5万円になります。これに利率9.48%で年間91,482円の利払い。毎月分配型なので、7,623円。為替手数料で、7,356円。税金20%を引かれて5,884円が毎月の受け取り額です。
 解約しようとしたら、96.5万円に対して為替手数料の3.5%(33,775円)が引かれるので、100万円に対して元本は931,225円になって帰ってきます。なので、最低1年近くは保有して利払いを受け取らないと元本割れになります。この上、為替リスクが乗っかるので、儲けるのは証券会社だけという状況になりそうです。10%近い利率というのは魅力ではありますが、単純に銀行預金の10倍と飛びつくのは危険でしょう。まだ、毎月の為替手数料が取られないゼロクーポンの方がましです。