プログラマでありたい

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい

今の日本に必要な1冊。日本人へ リーダー篇

仕事帰りに塩野七生の「日本人へ リーダー篇 (文春新書)」を買って電車で読んでいたのですが、この本はというか塩野七生は本当に凄いと思います。一気に引きずり込まれて読むのに集中し過ぎて、お陰で駅を二駅乗り過ごしてしましました。 本書は2003年から20…

書籍を電子化する為の5つの方法

iPadが届いて早速CloudReadersをインストールしました。想像以上の使い易さ、読み易さに感動しています。これを味わうと、もう書籍は電子書籍でええやんと思えてしまいますが、まだまだコンテンツの方が充実していないので、暫くは紙の本を買うことになりそ…

2010年5月の読書

先月は、割と読みました。数えてみたら23冊です。成毛さんの「本は10冊同時に読め!」にあっさり影響された結果ですw読んだ本としては軽い本が多かったので、あまり読んだ感覚はなかったです。 5月の本の中でのお勧めは、何と言っても大前 研一さんの企業参…

何歳になっても読みたい1冊。「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」

話題の「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」を読みました。評判通り読後感の良い1冊です。 本書は著者の息子が16歳になった時に作ったリストで、大学にいくまでに知っておいて欲しいことが綴られています。確かに納得出来る…

この本を読むと金融商品が買えなくなる。「プロが絶対買わない金融商品」

タイトルが面白かったので、さらっと読んでみました。 プロが絶対買わない金融商品-あなたは「カモ」られている- 元金融マンが明かす金融商品の裏側です。 毎月分配型投資信託や外貨預金など、オーソドックスな商品の問題点を始め、サムライ債や満期選択型定…

半端でない成毛さんの影響力 「本は10冊同時に読め!」

マイクロソフトの元社長の成毛さんの、「本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)」を読みました。久しぶりにこれは凄いと言える本です。書いている内容は、多読の勧めであったり、隙間時間を…

2010年4月の読書

ちょっと遅くなりましたが、2010年4月の読書記録です。 情報処理試験の勉強が忙しかったので、今月は軽めの本しか読んでいません。 お勧めは、3000万円をつくる投資信託術 サラリーマンのためのインデックス投資入門 (朝日新書)かな。 Twitter API プロ…

貴方が残念な理由が解る本。「残念な人の思考法」

頭が良いのに、仕事が出来ない。こんな人、身の回りにいませんか?ぱっと考えるだけども、何人か頭に浮かんでくると思います。また、仕事全般に関してではなく、ある特定の一分野に限定をしたら、ほぼ全ての人が当てはまると思います。私も得意な分野では効…

若い人に読んで欲しい。3000万円をつくる投資信託術

竹川さんの新刊が新書で出ていたので買って読みました。 3000万円をつくる投資信託術 サラリーマンのためのインデックス投資入門 (朝日新書) 「投資信託にだまされるな」以来のファンですが、今回も基本に忠実にかつ地道に積み立てて行くことの大切さを説い…

ブログのアクセスを2倍アップしたい人だけ読んでください。伝え方の大切さ・・・

ちょっとキャッチーなタイトルを付けてみましたw。このブログは、私自身の備忘録がメインなので、人に読まれることを余り考えていませんでした。しかし、最近2回ぐらいはてブのホットエントリーに載って気がついたのですが、やっぱり人に伝えようと思って書…

フレッシュマンに贈る「書類・手帳・ノート」の整理術

大阪のジュンク堂でビジネス書部門売上2位だったので、図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術を読んでみました。 ファイリングの仕方や、手帳、ノートの取り方を丁寧に書いてあるので、フレッシュビジネスマンの方は一度目を通…

楊令伝 十三 青冥の章

楊令伝 13 青冥の章 4/26発売開始。 アマゾンで予約開始していますよ。 さてさて、そろそろ終わらせ方が気になるところです。 南宋の立役者は揃って来ていますからねぇ。 ちなみに最近のAmazonは、ほぼ翌日に配達してくれるので便利ですよ。 楊令伝 十三 …

2010年3月の読書

先月の読書リストです。14冊です。ちょっと復活。 ヒットはやはり生命保険のカラクリです。後は、データベースを使うことがある人ならば、データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編も一度読んで欲しいですね。 スーパーの裏側―安全でおいしい食…

開発者必見!!究極のデータベースの教科書 『データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編』

誰が何と言おうと、00年代のWebシステム開発の肝はデータベース設計にありました。その証左に、DB関係の書籍は今でも毎月のごとく発行され、DBの専門誌も幾つもあります。またAmazonでデータベースで調べると、何と1万件近く出てきます。そんな奥の深い世界…

銀行員って何だろう?

銀行の中の人ってどんなだろうと思って2冊の本を読みました。 銀行員という職業―その素顔を垣間見る 実録!!闇金融道 (宝島社文庫) 実は私は学生時代の就職活動は、銀行をメインに考えていて殆ど決めかけていました。ただ、ゼネラリストとして生きるより手に…

確率論で考え、人の行動をよみ、その背景を知る為の3冊の本

統計関係の本を2冊まとめて読んでいました。これがなかなか良かったです。確率論や効用で考えれば、どれが良いかは自明のことがあります。でも、実際にはその通りに人間は行動しないことがあります。それについて研究しているのが、行動経済学です。例えば…

ジュンク堂書店さんに聞いてみた。「売れると思ったのになぜ売れぬ」の書籍リスト

日曜日の夕方ネットを見ていたら、あまりにツボにはまるフェア見つけました。 福岡・天神のジュンク堂書店の「売れると思ったのになぜ売れぬ」フェア。 「売れると思ったのに売れぬ本」フェア 作者は衝撃? 福岡・天神のジュンク堂書店で、店員が「売れると…

これは酷い本、帝国ホテル王道のサービス

昔飲みながら営業している人に、営業の勉強にリッツカールトンに泊まるんだという話を聞いたことがあります。それから高級ホテルのサービスに興味を持っています。それで日本を代表する高級ホテルの帝国ホテルに関する本を借りてきました。しかし、これはひ…

専業主婦というより経営者。専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法

何やら最近テレビに取り上げられていたということで、「専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法」を読んでみました。主婦ならではの恐ろしいまでの行動力に圧倒されますが、普通の勤め人にも見習えることはありました。 この人の不動産投資の成功…

昨今のリフレ論争に辟易している人たちに。ルワンダ中央銀行総裁日記

名著として名高いルワンダ中央銀行総裁日記を読みました。初版が1972年とかなり昔の本なのですが、かなり感動させられる一冊でした。若かりし日の成毛眞さんは、この本を読んで日銀入りを熱望したこともあったとか。一時はアフリカの模範生と言われたルワン…

出版もフリーの時代へ!なんと「生命保険のカラクリ」と「EVERNOTEハンドブック」が無料でPDF公開!!

『生命保険のカラクリ』(岩瀬 大輔・著) | 文春新書 ほか | 書籍情報 | 文藝春秋 Evernote Handbook 週末に『生命保険のカラクリ』が無料ダウンロード開始と話題になっていました。2010年4月15日までダウンロード可能なようです。全文ですよ全文。そして今…

2010年2月の読書

先月の読書リストです。やっぱり読書量が減っています。 ブログやTwitterを読んでいる時間が増えているので、構造的な問題のような気がしてきました。 ちょっと読書の仕組みを変えようかと検討中。今年は古典も読みたいしなぁ。藤巻健史の実践・金融マーケッ…

紙とペンを用意してどうぞ。図で考えるとすべてまとまる

出版されてすぐに買って読んで放置していたのですが、 今日改めて 図で考えるとすべてまとまるを読み直しました。 この本には、目新しいことは書いていないかもしれません。 しかし頭の中を整理するにはぴったりの一冊です。 基本的なコンセプトは、「考える…

金利の仕組みを紐解きたい方々へ。「藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義」

アクティブな投資をする方には、お勧めの1冊です。私も初めて藤巻さんの本を読んだのですが、タイトルの通りかなり実践的な知識が得られます。単に株の買い方とかの話ではなく、為替や長期金利がどのように影響しあっているのかと言った類の話です。中々こ…

サラリーマン大家さんへの道

「金持ち大家さん」になろう! ―個人年金づくりの虎の巻 年収600万から始める サラリーマンのための不動産投資 図書館にサラリーマン大家本が並んでいたので、何となく借りて読みました。一時期真剣に検討したこともあって、未だ惹かれるジャンルの本です。で…

Web系エンジニアの必読書。SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術 今まで読んだSEO本の中で最良の一冊でした。 はじめに断っておきますが、私はSEOを謳う会社は好きではありません。もちろん今のWebの仕組みを考えると、検索エンジンに出てこないサイトは存…

投資なんて関係ないと思っていませんか? 60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書) 内藤忍さんの金融リテラシー本です。勝間さんの「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」と同じく投資の初心者で何から始めてよいか解らない人にぴったりの一冊…

2010年1月の読書

先月の読書リスト。引越しやらなんやらで、全く本が読めなかったと言い訳させてください。。。 今月は3倍くらい読もう。 SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術 今まで読んだSEO本の中で、群を抜いて良い1冊です。マーケッターが…

この著者は売れる本の書き方を知っている。 売り方は類人猿が知っている

売り方は類人猿が知っているという本を何気なく買いました。かなりのヒットでした。 経済学の中で私の好きな分野に行動経済学というのがあります。経済学の中でも割と新しい分野なのですが、その中で扱う命題の一つに「人間は不合理で矛盾したように見える行…

鳩山さんが購入した本のリンク集とはてブでの評価まとめ

鳩山さんが資本主義の勉強しますということで本をまとめ買いしたことが、ネットで話題になっています。 鳩山首相が購入した本 - 47NEWS(よんななニュース) 鳩山首相「資本主義勉強します!」 本28冊まとめ買い:アルファルファモザイク 鳩山首相「資本主…

やっぱり世の中の評判は、かなり正しいようで。 「みんなの意見」は案外正しい

数年前に人気を博した「みんなの意見」は案外正しいが文庫本版で出ていました。読み逃してたので、さっそく買ってみました。やっぱり面白いです。要約すると、下のようになります。本のタイトルそのまんまですw みんなの意見は案外ただしい ・集団内のメンバ…

フリーとアテンション・エコノミー

噂の「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」を読みました。評判に違わぬ一冊です。詳しい内容は本書を読んで頂くとして、考えさせられるのが希少な資源と潤沢な資源についてです。 私というか人類は資源は稀少なものという前提で行動するようインプッ…

部屋を借りる前に、この一冊。家を借りたくなったら

一時期真剣にアパートオーナーになろうかと賃貸を研究して来た私ですが、ふと手に取った『家を借りたくなったら』は良かったです。もう少しで引越シーズンなのですが、引越を考えている人もいない人も是非一度読んでおくべきでしょう。 例えば都内だと1ルー…

全てのiPhoneユーザへ iPhone情報整理術 ~あなたを情報強者に変える57の活用法!

iPhone情報整理術のまとめです。さらっと読めるので、iPhoneユーザは一読しておくべきでしょう。 タスクの種類 成る程と納得したのが、まず自分のタスクの種類を分析してどういうタスク管理のツールが向いているかを考えるというところです。様々なタスク管…

新婚で賃貸を探してるあなたへ。新婚の家賃補助制度と特定優良賃貸住宅(特優賃)

ふとしたことで知ったのですが、自治体によって賃貸の補助制度があるんですね。主な制度に新婚世帯むけの家賃補助制度と特定優良賃貸住宅(特優賃)の二つがあります。どちらも大都市の自治体が行っていることが多いようです。 新婚の家賃補助制度は、そのも…

これ予約。道具としてのベイズ統計

アマゾンでお勧めされた道具としてのベイズ統計を予約してみました。面白そうだなぁ。 道具としてのベイズ統計posted with amazlet at 09.11.12涌井 良幸 日本実業出版社 売り上げランキング: 205268Amazon.co.jp で詳細を見る

これは買い!!WEB+DB PRESS Vol.53

反響が高いWEB+DB PRESS Vol.53をちらちら読みました。噂通り読み応えのあるものです。 特に良かったのが、インサイドYahoo!オークションと全文検索の特集。その中で印象に残ったのが、ヤフオクでトップキーワード検索という機能。検索上位100件のキーワード…

Amazonでバカ & 読書で検索すると

ちょっと面白かった。小学生にまとめて読ますと混乱するだろうなぁ。1円本が一杯あるので、まとめて読んでみるか。 バカのための読書術 (ちくま新書) バカにならない読書術 (朝日新書 72) 本を読まないとバカになる。なぜか。―この本を読み終えた時、あなた…

ソフトパワーとバカにならない読書術

国家生き残り戦略としての日本語リストラ なかなか面白い視点ですが、タイトルだけ釣り臭くて好きになれません。(まぁタイトルの半ば以上は釣りなんでしょうが) 言語を学ぶ人の数は言語自体の優劣ではなく、ハードパワーとソフトパワーによるものだと思い…

何故みんな頑張っても上手くいかないのか? 組織は合理的に失敗する

何気なく手に取った「組織は合理的に失敗する」を読みました。 個人は優秀なのに、なぜ“組織”は、不条理な行動に突き進むのか?日本陸軍の失敗を題材に、「取引コスト理論」「エージェンシー理論」「所有権理論」といった最新の経済学理論を使い、現代企業が…

金融危機本まとめ

連休中に部屋を片付けていたら、年末年始にまとめて出ていた金融危機がどっさり出てきました。処分する前にもう一度軽く読んでみました。サブプライムローンに始まり、リーマンショックが何故起こったのかというのを色々な角度から論じられています。読み比…

パラダイムシフトの目撃者か? 傷はぜったい消毒するな

私は寝ている間に傷口を掻いてしまう癖があるようで、何でも無い傷を悪化させてしまうことがあります。そこで気付いたのですが、ある程度広がった傷は消毒したり軟膏を塗ると直りが遅くなる事があります。それで、ネットで調べていたら「湿潤治療」に出会い…

対談本の真骨頂! なんかヘンだよね・・・

ふと手に取ったホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」を読みました。対談本って相手に遠慮しあって毒にも薬にもならない物が多くて全然期待していなかったのですが、予想以上に面白い一冊でした。 まずホリエモンもひろ…

プロの課題設定力

ホリエモン×ひろゆきと同じタイミングで買った本で、プロの課題設定力を読みました。コンサルタントが書いたということで、良くまとまって解り易い本でした。最もそれほど目新しい事は書いていないので、新発見をするというより思考方法の再整理に役立ったな…

アエラビジネス予約開始

ぐっちーさんのブログを読んでて、アエラビジネス 日本経済の新常識を予約しました。豪華絢爛なメンバー陣による執筆のようです。これで680円だったら安いですねぇ。個人的には、民主党政権後の動きの解説が楽しみです。 アエラビジネス 日本経済の新常識pos…

今月はお勧め!!Software Design 2009年9月号

今月のSoftware Design (ソフトウェア デザイン) が届きましたが、今回は中々良かったです。特集がクラウドコンピューティングで、付録としてiPhone開発の手引き。クラウド特集の方は事例集のような感じで実装の具体的な話ではないのですが、リアルに導入す…

プリンシパルを持っているか? 金融資本主義を超えて

移動時間にライフネットの副社長の岩瀬さんの金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記を読みました。自分はプリンシパルを持っているか?それを元にどんな時にもブレない行動をとれるか?激しく自省したひと時でした。 前半で繰り返し語られるプリンシ…

一勝九敗

今更ながらユニクロの社長の柳井さんの一勝九敗を読みました。出版されてからもう5年以上経っていますが、古さは全然感じられません。自分にとっては20代の時に読むより、むしろ30代の今こそ読んだのが良かったのかなと思います。 私はIT業界で働いているの…

写経の為にブックストッパー注文してみた

本を見ながら作業するのに使える「ブックストッパー」が想像以上に便利な件 本を見ながら作業しようとしても 大抵の本は開いた状態を維持できずにすぐ閉じてしまうので、 これまでは他の本なんかを文鎮代わりに載せていた。 私も結構同じことをしているので…

死神の精度 或は人生に答えは必要か?

さっき寝る前に積読してあった死神の精度を手に取って軽く読んでたら、結局最後まで読んでしまいました。伊坂幸太郎は、魔王に続き2冊目です。相変わらず書き方が上手いですね。伊坂幸太郎の得意とする(?)ちょっと特異な特徴を持つ主人公の物語。今回の…